調査中。この記事はまだ覚書です。何かご存じの事あればどうかご助言ください。

名称と年代:ジャンディ・カマル_駝城

 中央アジアを中心に遊牧民の間で使われた4足獣を用いた即席障害物構築戦法が存在する。
 この戦法の確固たる共通名称は無いが、カザフ語またはキルギス語では「ジャンディ・カマル(Жанды камал)」と発音されたことが伝わっている。意味は「生物塁砦」である。ロシア語圏では直訳し「動物による塁砦(Живая крепостьまたはкрепость из животных)」を使用している。中国・清王朝はこれを「駝城」と記録しているが、駱駝に限らず4足獣全般がこの戦法に使用されている。ラクダの場合は「トゥイェ・カマリ(Туйе камалы)」と呼ばれ、ロシア語訳はВерблюжья крепость(ラクダ塁砦)が対応する。ドン・コサックの地域では「батованием」と呼ばれていたとされる。

 主に記録さている活躍は16世紀~19世紀であるが、20世紀ソ連でも存在しており知見が継承されている。また、弓にも効果的であるため使用開始の年代はさらに古いと考えられている。使用最盛期は18世紀であるとされる。
 年代から明らかなように、ジャンディ・カマルは銃が普及した時代に騎馬の民がそれを活かすために好んだ手法である。何もない平野や雪原だろうと突如として塁壁を作り上げ猛威を奮った。
清と闘うジュンガルのジャンディ・カマル1941_雪原で展開するソ連軍タタール騎兵


<右図:1941年のソ連軍タタール騎兵部隊が雪原で散開しながらジャンディ・カマル(?)を展開している>
https://www.iwm.org.uk/collections/item/object/205087014


<左図:清王朝と闘う際にジャンディ・カマルで苦しめた18世紀のオイラート>

展開方法

 ジャンディ・カマルの具体的なやり方は次のようなものである。

・交戦が避けられない位置で戦闘陣形に展開する。この際に迎え撃つ部隊を(遊撃に出られる騎兵とは別に)編成する。これは歩兵または乗馬歩兵によって構成される。
・歩兵はラクダや馬、ラバ、牛などを陣の前列に並べる
・4足獣を大地に伏せさせる。(帰りに使うため基本的に殺さず、生きたままが望ましい)
・4足獣を防護できるようにできるだけの補強を盾、布、俵、材木や石などで行う。
・この肉壁ごしに銃や矢を放つ歩兵戦列を展開する

・個別に伏せさせている場合もあるようだが、時間が許す限り馬脚を縄で繋いだり壁が乱れないようにする
・主に荷駄用の家畜を使う。足りない場合または接敵が間近の場合は乗馬用も使用するがこれは移動手段を失いかねず最後の手段である。
・自然の要害を使って正面のみに展開するのが好ましい。全周展開する場合は円型陣が方陣より多い。
材料が少なくてもできるので特に急襲で有用だった。例えば略奪のために強襲された際にもジャンディ・カマルを迅速に展開し数的優位の敵を迎え撃てた。少人数、最悪の場合一人でも展開できる。
・また、遊牧民が使うのは長銃身が多い。
18世紀のカザフスタン騎兵_フル装備

【特性】

 これにより馬やラクダの文字通り「生きた壁」による野戦築城ができあがる。馬たちは自立歩行するためジャンディ・カマルの野戦築城は比類なき速度で建設される。しかも獣の身体は分厚く板の盾より耐久力があった。土塁と同じ効果を発揮し身を隠したまま銃撃戦を行えたこの方式は短時間で強力な補助となった。
 更にこの築城方式は当然であるが、騎馬突撃に対する備えともなった。
 荷駄用の獣馬がそのまま防塁になるため運搬する物資も節約できる。けれども戦闘で傷ついた場合は直接的に駄獣が減少してしまうため帰りにそのツケが来たであろう。
________________________
 土塁の代替としての性質の他に主な特性は2つ、即応性踏破性である。これについては採用背景として後述する。ここには陣地構築の速度のみならず分解離脱の速度も含む。
________________________
 遊牧の部族ばかりで使用された理由は、馬や駄獣の扱いに極めて長けた者たちしかできない方式であったためだ。というのもまず4足獣を迅速かつ整然と並べて伏せさせなければならないし、戦闘で傷ついた彼らをある程度コントロールできる技術がなければならなかったからだ。傷ついた馬のまわりに恐慌が伝搬するのも防がなければならないし轟音にも耐性をつけておかなければならない。ただしジャンディ・カマルの特性は築城の即応性にあり、たとえ列の一部に穴が開いたとしても迅速に埋めることはできたと考えられる。
1759_Battle_of_Yesil-kol-nor
 ある程度の期間がある戦役で騎兵数千~数万騎が従軍した場合、草原の軍勢が連れて行った駄獣も数千頭を下ることはないだろう。キプチャク平原ではないが、ジュンガルは1690年のBattle of Ulan Butungで1万頭のラクダをジャンディ・カマル戦法に使用し長大な壁を大地に突如生み出した。清軍を驚かせこの記録が駝城の出典となった。
 16世紀~19世紀に清王朝、ロシア、中央アジアでジャンディ・カマルは様々な規模で記録されカザフ人はその活躍を唄でも残した。
 牛が使われた実例としては、1726年カルムイク(オイラート)の2万騎がカザフスタンを襲撃した(Битва на Жаике)際に、全周4方向に馬と牛の即席要塞化を行いその陣から女子供も参加し銃弾と矢を放ち4日間以上戦いついに撃退したという。生きている、あるいは死んでいる牛や馬、ラクダによって作られる100~200mのジャンディ・カマルはただの歩兵方陣より野戦築城がある分強固であった。

 銃以前の時代ではティムールが1398年のインド遠征で戦象の突撃対策として牛を並べて縄で繋ぎ一斉に唸らせた方法が記録されている。(牛ではなくラクダ説もある)
1755_ジュンガルの降伏_多様な家畜
<清・ジュンガル戦争で降伏したジュンガル_オイラートの多様な家畜>

 ドン・コサックにおいては円陣も使われたようだ。1995年出版の『ドン・コサック 小論集 part1』(Казачий Дон. Очерки истории. Часть I)第4章に記されおり、ドン・コサックが奇襲を受けた際は馬を盾にして陣形を作りそこから射撃したこと、それが「батованием」と呼ばれたことが記されている。

412

【対策】

 ジャンディ・カマルへの対策はより優れた兵器で遠距離から肉壁を狙うことである(例:清王朝軍の対応)。ただしそこまで射程の優位が得られない場合は、まず肉壁を除去する必要がある分撃ち合いでは不利になってしまう。最も理想的なものは重砲で粉砕することだが、確実に遠征先での運用になることや遊牧民の移動性を考えて、山岳部の砦以外では過剰な期待はできない。

 より実用的だったのは軽砲である。運搬が比較的楽であり小回りが利きかつ遊牧民を火力で上回れた軽砲は重宝された。特にラクダの上に軽砲を乗せたいわゆるザンブーラキ(骆驼回旋炮)は移動力と火力および射程のバランス上遊牧民に対して効果を発揮した。ジュンガル・清戦争で多くの画が残されている。他にもオイラートがカザフ人に対して1724年に襲撃した(Битва на Узени)際に一度は効果を発揮したジャンディ・カマルをザンブーラキで再度襲撃し崩壊させた事例などがある
Battle of Qurman_清王朝のザンブーラキ
高台移動後にザンブーラキから砲を外して運用
 しかし砲は多数揃えるのが難しいこともあり、必ずしもジャンディ・カマルへの決定打とはならなかった。火力で上回っていたはずの清軍は前述の1690年Battle of Ulan Butungで苦しみ敵を逃している。この時は離脱の際にその迅速性が発揮されている。それに遊牧民の運用する馬・駄獣の数は膨大で崩すのは容易ではなかった。1741年にオイラートが3万ものカザフ人防御陣地に攻撃した際は完膚なきまでに失敗してしまったという。

採用の背景

 ボブロフの研究では、この戦法を野戦築城の文脈の中で考察している。
 中央アジア、特に北のカザフスタンではあまりにも地盤を掘削する野戦築城が好まれなかった

 歴史的に見て彼らが野戦築城を知らなかった可能性ほとんどありえない。すぐ南のイラン圏の勢力は野戦築城を完全に一般化しているためだ。イラン圏王朝が中央アジア・カザフスタンを支配権または隣接する交戦圏とするのは頻繁に起きている。そもそもマーワラーアンナフルから勢力を広げていったティムールはほとんど全ての遠征で塹壕と柵を使用している。東西の大国家との交流もあった。
 弓矢もジャンディ・カマルから放たれたと記録されているが、大多数が乗馬できる遊牧民であるが故に、銃火器が発展する以前ならばそもそも馬上から弓矢を放ち移動する方が良かったためあまり着目されなかったと考えられる。

【ワゴンブルクが流行しなかったカザフスタン】

 移動性を有する即席野戦築城手法として最も知名度があるのはウォーワゴンだろう。ボブロフは荷馬車の連結による即席砦化と銃の連携(ワゴンブルク)がカザフスタン周辺ではあまり普及しなかったことにも着目している。ワゴンブルクは遅くとも15~16世紀前半には中央アジア周辺国で使われていた。荷馬車を使って防御するだけなら遥か古代から遊牧民は使っている。1576年にはウズベクの勢力がウォーワゴン砦を矢や銃火器と共に使用した例があるが、それでもキプチャク平原では流行らなかった。
コサックのウォーワゴン

【ジャンディ・カマル戦法が採用された理由】

 ワゴンブルクが流行しなかった要因について口伝文化が強く継承が途絶えた、大地を神聖視する宗教感が強い遊牧民故に土を壊すことを嫌った、単に記録されにくかったといった文化的影響の可能性もあるが納得できるだけの根拠を持たない。

 ボブロフはもっと根本的に、地域的特質の技術と戦術的観点にその答えを求めた。
 まず、ステップ平原の荒れた大地をウォーワゴンが移動するには極めて遅い速度にならざるを得ないと指摘する。遊牧民の軍の作戦行軍の要求速度を満たせなかったのだ。攻撃する際にそれは敵に離脱と再編成を行う余裕を与えてしまうし、離脱する際にも食いつかれてしまう。遊牧民同士の戦闘で追撃から逃れる要素は極めて重大である。この意見については東欧のワゴンブルクおよび置き型盾の軽量化・移動性向上の変遷があったことを考慮すると異論は無い。戦術的に受け身になりがちな事は全ての勢力が直面したワゴンブルクの難点の1つであった。それが大草原地帯ではより強調されてしまうのだ。(対応案の1つがコサック・タタールの戦術例の、遊撃に出るに充分な量の騎兵隊をワゴンブルクと共に保有し移動後に強化拠点化した陣地から出撃するものだが、それは下記の要因でステップでは困難となる)
 ジャンディ・カマルも受動的に使う方がより効果的という点では同じであるが、接敵段階でワゴンブルクと差異が生まれている。
コサックのウォーワゴン_からの出撃手法_中央と角の2パターンある
01_移動式の壁_大盾の野戦運用
< ターボルとゴウリャイ-ゴゥロト(ロシアの移動式置き盾) >

 続いてメンテナンス性(踏破性を挙げている。特に車を構成する軸などは材料が手に入らない。金属品はもとより良質な木材もステップ地帯で入手するのは難しく継続性も期待できないため、軍事的要請、即ち長期間かつ断続的な移動を求められた結果ワゴンブルクは選択されなくなるというのだ。ワゴンブルク戦法が最も猛威をふるった事例の1つは荒地を征ったアメリカ開拓時代であるが、アメリカは豊富な木々が残っていたことが最大の違いである。
 キプチャク平原のほとんどの軍指揮官が行軍の際に荷物と砲を含む武器を運搬するのに、荷馬車よりも馬やラクダに直接乗せる手法を好んだ理由でもある。
 (生活様式としての移動手法で荷馬車やゲルの牽引を否定しているわけではない。また豊富な資源を持つ大帝国が草原を横断するのならば荷馬車はおかしくはない。長期間その草原地帯で複雑な移動を繰り返すことを求められる遊牧民の地域的戦争において荷馬車は問題となる)

 これらワゴンブルクの戦術的有用性とステップでの使用困難性は、そっくりそのままジャンディ・カマル戦法が採用された理由となる。彼らは周辺諸国で使われる荷馬車式即席陣地構築戦法の効果を知っておりを自分たちも適用したかった。だがそれは地域的特性により許されず、性能が類似するジャンディ・カマルを踏破性を持つぶん実用的な戦法として採択したのだ。

【キプチャク平原の塹壕・土塁事情】

 野戦築城のもう一つの大きな要素、塹壕は特に銃と組み合わせて強烈な効果を発揮した。だがやはりこれも地域的特性に影響を受けた作戦・戦術による制限があった。端的に言ってステップで活動していた騎兵を中心とする部隊編成の軍を相手に塹壕を掘るのは徒労に終わる可能性が高かった。ティムールが1391年にコンドゥルチャ川の戦いでトクタミシュ軍騎兵を塹壕と歩兵戦列で粉砕したのは、優れた計画が為された作戦全体から導かれた特別な例である。ボブロフはステップの野戦では塹壕は容易にクリアされてしまうと結論付けたが、使われ無かったのではなく(永久築城)要塞攻略戦の際に適用されたことを注記している。塹壕網はムルジイмурджил)と呼ばれた。またнаккабанという工兵を坑道爆破作戦のために従事させている。

 実際、広大な草原で塹壕など掘っていても偵察をしてから簡単に迂回してしまうだろう。側面でも背面でもいくらでも回り込むスペースはあるし、放っておいてそのまま別の所に襲撃にいけばいいし、散発的な威嚇を繰り返しながら食らいつかれない距離で相手のが尽きるのを待てばいい。敵を野戦築城陣地に攻撃させる方策として糧秣の優位で我慢比べに勝つというのがあるが、ステップ地帯でネックになるのは食料より水であるため移動部隊を出せない側はほとんど勝ち目はない。
 ボブロフが述べるように山岳やなんらかの自然要素に恵まれた場合(例えば1643年のBattle of Orbulaq)であれば塹壕は絶大な効果を発揮したことは度々あるが、そのような地形が少なく掘っている時間も無いステップの一般的な野戦では限定的にならざるを得なかったのだ。

 この塹壕事情もジャンディ・カマルの背景となっている。即応性に置いて他の追随を許さなかったこの方式は騎馬の民の戦闘に適していた。

【欧州人から野蛮と見なされた遊牧民たち】

 この方式は欧州人たちから野蛮と見なされた。馬を伏せたままにする術を持っていたことを知らず馬を殺して肉壁にしたと誤解した場合もある。肉壁にされた馬は悲鳴を上げもがき苦しむ。理屈の上でこれが戦争に有用だとしても彼らは非難し、遊牧民への偏見はそれを助長した。そして18~19世紀のロシア人はキプチャク平原の遊牧民たちにとって侵略者であった。
 だが常に馬たちと共に生きてきた部族がなんの精神的苦痛を感じず粛々と実行できたとはとても思えない。よしんば厳しい大地での生活のためにその命をもらうことに慣れ切っていたとしても、貴重な馬と駄獣を犠牲にするという経済的観点と戦場からの帰還に必要という点で、やはり苦肉の策だったのではないだろうか。
 
____________________________

 個人レベルで馬の死体を盾にしたのは遊牧民以外でも多い。戦場では身を隠そうと思った時近くにあるものは死体であり、大きな馬の身体は頼られただろう。
ただし死骸ではなく、高度な馬術で伏せさせたまま戦闘に入ること、そこに組織性があることに関しジャンディ・カマルは特異性を持っている。
1939_ソ連の空襲対策訓練
Battle of Qurman_左下に馬を盾にして弓を撃つ清兵

<左図:1939年のソ連で空爆に対して身を守る手法として馬を盾にしながら伏せるよう教えている>
<右図:ジュンガル戦争での清王朝軍_左下に馬を盾にする兵士>
__________________________________________________

 カザフスタンについてはБобров Л. А.(2012)の研究論文を主な参考とした。彼は伝承されている詩や唄から様々な発見をしている。

Бобров Л. А., (2012),  "Казахская тактика ведения боя в пешем строю в последней трети XVI - середине XIX веков"

清の画は清王朝に仕えたジュゼッペ・カスティリオーネによる。十全武功の内容に関しては注意が必要。
その他、確認次第追記。
メモ________________________________
・全周に獣を横たえて配置する=現地の発音「Круг из положенных на землю лошадей」
・伏せさせる=шенбер ※馬術としての戦闘音の中でも伏せて待機させる技は汎用的な基本技能だっと思われる。ジャンディ・カマルは個人技能ではなく組織運用のことであっていると思うが検証すること。
・チェコのフス過激派が使用したことで知られるワゴンブルクは東欧とオスマンで改良が為され続け東のイスラム圏では«румской» («Дестур-и Руми»)と呼ばれている。

・人間(奴隷)を鎖でつないで崩れにくい戦列にした方式がヨーロッパでは記録されているが、これは銃火器登場以前かつ野戦築城とは別概念であるため本稿とは別題と考えた。
 
・ソ連軍タタール騎兵部隊としているがタタールはむしろワゴンブルクを多用している。個人技術として馬を伏せるのは遊牧民には基礎技能でありジャンディ・カマルを使った部族でなくとも可能だったと考えられる。タタールと書かれているのは単に彼らが遊牧民をまとめてそう呼んでしまっているだけかもしれない。
・ドイツ軍もWW2前の騎兵隊訓練で馬を伏せさせ壁にしライフルを構えている写真が残る。丸 2019年9月号
・1880年 タマンでのコサックが敵の撃退に使用?規模が小さく、個の馬伏せかもしれない。
https://vk.com/wall-8809740?offset=0&w=wall-8809740_742%2Fall

・1864年トルクメニスタンへのロシア侵攻においてコサックの中隊98名が現地勢力に分断され包囲された。この際にコサック騎兵たちは下馬し馬を伏せ円陣を組み戦闘を実施。ほとんど3日間にわたって闘い抜き時には将校含む91人が死亡しながらも降伏せず、ついに解囲部隊の到着まで耐え抜いた。コサックが下馬し馬を伏せて隊形を組むのは普通のスキルだったと書かれている。ただしそれが実施されるのは緊急時のみ。『ラワ』のように広がって行動していた複数小グループがこの防御をする際は、「複数の小規模円陣が散らばる」こととなる。
出典:US Army Cavalry Journal 1944年 January-February p.20

・А. П. Скорик, (1995), "Казачий Дон. Очерки истории. Часть I", 第4章にコサックの戦闘手法の紹介がありその中に『батование(駝城)』の記述がある。この伝統的手法は19世紀の近代化の中で一度コサックから喪失しかけた。

・WW2でソ連軍が使用している写真(クシュチェンスカヤ強襲作戦?) 追記
伏せて展開するコサック騎兵