戦史の探求

戦史の情報を整理し探求するサイトです。 古今東西の全てを対象とし、特に戦況図や作戦図に着目しながら戦略・作戦・戦術について思索します。

タグ:米軍

 マルチドメイン作戦の一環として宇宙関連の軍事要素はその重大性を拡大し続けています。衛星を用いた通信あるいは画像観測は地上部隊や航空部隊の作戦に大きく影響し、計画立案時には適切に宇宙関連能力を配分することは必要不可欠となりました。しかし宇宙関連能力を全ドメインと統合し協調した作戦行動を取るための手法は発展段階にあり、まだ米軍ですら空白と呼べる問題事項があるようです。

 米陸軍の宇宙作戦将校には、米陸軍宇宙及びミサイル防衛司令部/陸軍戦略司令部の計画立案に携わっているJ.V.ドリュー2世少佐という人物がおられます。少佐はたびたび陸軍向けに、統合運用の視点から宇宙関連機能がどう使われるのか、あるいはどういう制限があるのかといった説明を非常にわかりやすく説明してくれています。
 今回はこのドリュー少佐が米陸軍季刊誌に寄稿した2つの論文を基に記そうと思います。翻訳している箇所も部分的にありますが推敲しておらず略も多いため、メモ書き程度だと思って読んでいただけたら幸いです。
Visualizing the Synchronization of Space systems

 前半はマルチドメイン作戦をする上で宇宙関連の基本事項(宇宙の3地域、軍事作戦に影響する宇宙環境、責任所掌)を記し、後半には実際に上級司令部での演習で使用されたチャート図を用いたクロスドメイン調整の例の説明を書くこととします。
 宇宙関連能力、例えば衛星などに対する知識理解を他分野の人々がそこまでしていない場合もあり、色々と苦労が起きていることが仄めかされています。チャート図は実際にどういう風に作戦コンセプトが固められていくのかがわかりやすいので、そこだけでも読んで頂けたら嬉しいです。
続きを読む

 委任戦術や訓令戦術と訳されることが多いアウフトラークスタクティーク=Auftragstaktik(Führen mit Auftrag)に関し、米陸軍で指揮と統制のスタイル研究のために作成された公開論文の試訳をしてみようと思います。本文書は抽象的概念を論じるものではなく、具体的導入のためにWW2ドイツ軍の戦例を研究しているものです。

 長いので本記事は前半部のAuftragstaktikとは何か、そしてその歴史の概略が書かれた部分について翻訳します。本編ともいえる後半部はヘルマン・バルク将軍率いるドイツ第11装甲師団の1942年チル川の戦いなどの実戦記録となっており、次の記事で載せようと思います。
 また、少々読み難いかもしれませんが本文はそのままAuftragstaktikと記すこととします。原文もそうしており英語のMission-type Tacticsとしていないためです(理由も本文内にあります)。

 本論文の背景には、中・遠距離の核攻撃とワルシャワ条約機構軍の突進によって引き起こされる流動的かつ高速化した現代戦の中で、米軍が欧州に配備されている各部隊を指揮する可能性を考えなければならなかったために研究が必要だったという背景があります。参照されている米陸軍野戦教範は1986年度版であり、AirLand BattleドクトリンとManeuver Warfare理論が密接に関係しています。
51voUT51fQL
(内容的には完全にバルク将軍が主なのですが表紙はマンシュタイン元帥。確かに元帥も関わっていますが…少しバルク将軍が不憫です。)
_______________________________
 以下、訳文

Order Out of Chaos

】オーダー・アウト・オブ・カオス:1942年12月7日~19日でのチル川の諸戦における第11装甲師団による委任戦術の適用に関する研究
Order Out of Chaos : A Study of the Application of Auftragstaktik by the 11th Panzer Division During the Chir River Battles 7 - 19 December 1942

著者】Robert G. Walters 米陸軍大尉 (当時)
論文提出年度】1989年3月
続きを読む

 米陸軍が公開してくれているACCPに短くまとめられたソ連軍の追撃戦に関する項目があったので紹介してみることにします。以下の文は核攻撃の可能性を含む追撃条件の下で、相手(ソ連軍)がどう考えて行動してくるか想定できるようにするために米軍が作った教練項目の1つです。(本文中に出てくるものはほぼ戦術核想定)
 いつもながら推敲していない直訳なのでご助言大変感謝致します。
__________
 米軍の追撃戦に関してはFM3-90 chapter7などをご参照下さい。ソ連とおおよそ類似する概念が書かれていますが完全に同じではありません。
Frontal PursuitCombination PursuitPursuit Control Measures
_____________
以下、本文開始

 学習項目2:

後退作戦実施時の米軍へのソ連の脅威を知る

 ソ連の軍事辞典は「追撃」を以下のように定義している。

『撤退中の敵軍への攻撃、敵軍の最終的な破壊か捕獲を目的とする進行中の作戦または戦闘を実施する事である。敵主力部隊へ(火力投射)打撃し、容赦の無い精力的な並行追撃や追尾追撃を実施し、敵撤退進路を塞ぎ、そして敵軍の側面や後背を攻撃することにより撤退中の敵軍の破壊は達成される。』

 撤退中の軍を追跡するソ連軍によって使われる戦術に関して、この教練は貴方を習熟させるだろう。ここでのデータはまるでソ連軍将校が使用するために書かれたかのように表現される。それにより追撃作戦中のソ連指揮官の目を通して戦場を「見る」ことをアシストするだろう。
続きを読む

 WW2北アフリカ戦役での米軍Sustainmentに関して総評を行った論文について、一部を試訳したものです。思いつきでやっただけで特に読み返すなどしておらず不備があるかと思いますのでご指摘いただけると助かります。
___________________________________________________
公開日】1991年5月6日 

論題

 北アフリカ戦役:ロジスティクス査定(The North Africa Campaign : A Logistics Assessment)

著者

 マーク・D・キッチン少将(Major Mark D. Kitchen)
遂行組織
 アメリカ陸軍指揮幕僚大学(U.S Army Command and General Staff College)

論文概要

 本研究は北アフリカ戦役におけるロジスティクスの諸作戦について分析する。対象とするのは1942年、北西アフリカへ上陸した連合軍に後続した米国地上部隊支援に関して、ホールセイルとリーテイル *1  領域の準備と実施についてである。本分析は1943年5月のチュニジアでのドイツ軍降伏までを論述する。
 
 この戦役におけるロジスティクス面での試みは現代のエアランドバトル・ドクトリン構想に関して研究される。人材調整、燃料供給、武装化、修理そして輸送の各分野がそれぞれ査定される項目は予測性、統合調整、継続性、反応性即興性といったドクトリン上の必須事項である。

主題用語

トーチ作戦、北アフリカ戦役、北西アフリカ(WW2)、ロジスティクス、維持支援、チュニジア戦役、WW2ロジスティクス

続きを読む

↑このページのトップヘ